1. ホーム
  2. 藤沢アラカルト
  3. ふじさわ観光親善大使

ふじさわ観光親善大使

■「観光親善大使」制度の設置について
本市では、江の島・片瀬海岸における観光施設の整備やこれらの観光資源を活用し、年間を通してのイベントの実施、 あるいはフィルム・コミッション事業による広告宣伝事業等、複合的に展開している観光施策の効果から、 観光客数は毎年増加傾向にあり、2007年度には約1,345万人の観光客が訪れ、観光都市として堅調に推移しています。

また、2007年度からは海外誘客へも力を入れ、現在台湾をはじめとする東アジアを中心に多くの観光客が訪れています。

こうした中、今後少子高齢化による人口減少から国内の観光客が減少することが予想されることから、 海外観光客の誘客がより一層重要になると考えられます。そこで新たな観光振興策として「観光親善大使」制度を本市でも設置します。

観光親善大使とは、主に観光振興を目的として対外的に自らの地域を広報するもののことで、 本市でも観光資源の魅力を国内外にPR・発信するシンボル的な存在として、「ふじさわ観光親善大使」を設置することになりました。

大使には観光振興のための助言をいただき、広報、PR活動および幅広い人脈を通じたプロモーション活動への支援、協力等をいただくことで、 より一層、本市のイメージアップおよび誘客を図り、国際的観光都市を目指します。

■ふじさわ観光親善大使について
◎設置目的
本市の観光資源の魅力を広く紹介し、湘南藤沢のイメージ向上を図るため、「ふじさわ観光親善大使」を設置し、本市の観光振興に寄与することを目的とします。
◎委嘱
本市に関心と愛着を持つ、各界著名人等の中から社団法人藤沢市観光協会が推薦したものを藤沢市長が委嘱します。
◎役割
大使の職業や人脈などを通じて、藤沢市の魅力を積極的にPRすること。 藤沢市に対して観光に関する意見や提言を行うこと。

このページの先頭へ