1. ホーム
  2. 観光情報
  3. 観る・遊ぶ・学ぶ
  4. 龍恋の鐘

観る・遊ぶ・学ぶ


龍恋の鐘


 
江の島岩屋のほぼ真上に位置する、「恋人の丘」に設けられた龍恋の鐘。
江の島に残る「天女と五頭龍」の恋物語にちなんで造られたもので、その伝説にあやかろうと多くの若者やカップルが 訪れて鐘を鳴らします。
また、鐘の下のフェンスには恋人達によってかけられた南京錠がたくさん。
眺望もすばらしく、晴れた日には伊豆大島も望むことができる隠れた絶景スポットです。
道すがら近くお店では鍵も購入することができますので、ぜひ訪れてみてはいがかでしょうか。


天女と五頭龍伝説(ごずりゅう)
江の島に伝わる、天女と龍の恋物語。
五つの頭を持つ恐ろしい龍が鎌倉に住み。悪行の限りを尽くして村人を苦しめていた。ある日、海が荒れると島が現れ(江の島)、天から美しい天女(弁財天)が舞い下りる。 一目で恋に落ちた龍は、求婚するが、悪行を理由に結婚を断られてします。我が身を振り返った龍は心を入れ替え、人々のために尽くし、ついに心を許した天女と結ばれたという。

龍恋の鐘

龍恋の鐘

龍恋の鐘

映画「陽だまりの彼女」のロケ地として、登場する「龍恋の鐘」

浩介が真緒にプロポーズした龍恋の鐘は、海を見渡す丘の上にある恋人 たちの聖地。江の島に古くから伝わる伝説にちなみ、ふたりで鐘を鳴らせ ば、永遠の愛が約束されるそう。大好きな人と試してみたい!
このページの先頭へ