お知らせ
お知らせ

お知らせ

2019年9月26日

~江の島岩屋 復旧工事延長に伴い10月31日までは土・日・祝日に第一岩屋のみ無料開放します~


江の島岩屋
江の島岩屋からのお知らせ

江の島岩屋は、先日の台風15号上陸の影響で、復旧工事の工期を2019年(令和元年)10月31日(木)まで延長することとなりました。
その間、土・日・祝日に限って、第一岩屋のみを無料で開放いたします。
(第二岩屋は閉鎖となります)
無料開放日
9月:28日(土)、29日(日)、
10月:5日(土)、6日(日)、12日(土)、13日(日)、14日(月・祝)、19日(土)、20日(日)、
    22日(火・祝)、26日(土)、27日(日)
※上記の開放日は、手燭(ろうそく)の貸し出しはございません。
上記以外の日(平日)は、全面閉洞となります。
 
営業時間は、9月は午前9時~午後6時(最終入洞)、10月は午前9時~午後5時(最終入洞)です。
この予定は、工事の進捗により変更させていただく場合がございます。
その際は、このページにてお知らせいたします。
お客さまにはご不便・ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力いただきますようお願い申し上げます。
*この復旧工事は、2017年10月に襲来した台風21号の被害のため行っております。


【お問合せ】
藤沢市観光センター
0466-22-4141(8:30~17:00)

「江の島岩屋」Facebookページ
https://www.facebook.com/enoshimaiwaya


江ノ島岩屋
江ノ島から見える富士山
江の島岩屋について
江の島岩屋の絵
長い歳月を経て波の浸食でできた岩屋は、第一岩屋(奥行152m)と第二岩屋(奥行56m)から成ります。昭和46年以来、長期閉鎖されていましたが、周辺施設を一新し、平成5年4月から再開されています。

古くから信仰の対象にもされてきた岩屋。弘法大師が訪れた際には弁財天がその姿を現し、また源頼朝が戦勝祈願に訪れたとも言われています。照明や音響で演出された洞内では、様々な展示物から江の島が歩んできた歴史と文化の一端をご覧いただけます。

また、全長128mのオープンスペースからは相模湾とその向こうに広がる富士・箱根・伊豆方面の景観が一望でき、開放感をご満悦いただけるでしょう。

 
営業時間のご案内
9月        9:00~18:00
10月        9:00~17:00
11月・12月・1月  9:00~16:00
2月・3月      9:00~17:00

イベント時等は時間を延長
※台風など荒天の際は施設を閉鎖または開洞時間を変更する場合があります。
入洞料
おとな(高校生以上)500円 こども(小・中学生)200円
20名様以上は、20%割引になります。
交通のご案内
電車でのお越しの場合
  • 小田急江ノ島線「片瀬江ノ島」駅下車 徒歩30分
  • 江ノ島電鉄「江ノ島」駅下車 徒歩40分
  • 湘南モノレール「湘南江の島」駅下車 徒歩40分

お車でお越しの場合
  • 横浜新道戸塚料金所から約40分
  • 横浜横須賀自動車道「逗子I.C.」から約40分
  • 東名高速自動車道「厚木I.C.」から約45分
    ※駐車場から徒歩20分

江の島島内駐車場《約750台》
関連記事

関連記事

ページトップ