文教大学情報学部「広内研究室」ではゼミナール生達が、インターネット上で動く3次元コンピュータグラフィックスの研究を行っています。

 VRMLと呼ばれるグラフィックス言語を駆使し表現される仮想世界、その素材に江の島のランドマーク「江の島展望灯台」と「新江ノ島水族館」が選ばれました。

藤沢・江の島
    Virtual観光

【ご注意】
 この作品は、ブロードバンド環境でご覧いただくことを推奨いたします。また、VRML作品を見るためには専用のビューワが必要になります。リンク先頁中の「稼働環境」または「閲覧条件」をお読みいただき必要なプログラムのダウンロードをお願いします。

 江の島のてっぺんにそびえる展望灯台、ちゃんとエレベーターも再現されています。ほかにも、観光スポットのビデオ映像が流れる「仮想テレビ」などのコンテンツも楽しめます。
 湘南エリアの人気スポットと言えば「新江ノ島水族館」
3DCGでは、今は亡きみなぞう君の姿も元気に再現されています。
 東海道藤沢宿の蒔田本陣(大名が泊まる屋敷)の復元により本陣内部を疑似見学体験できます。
<<< "LINK" Try to access!!! >>>

「文教大学情報学部情報システム学科広内研究室」ゼミ生の力作を多数紹介

湘南キャンパスは藤沢のおとなり茅ヶ崎に「文教大学」のホームページ

「江の島展望灯台」のみならず、湘南イメージの中心的存在「江ノ島電鉄株式会社」

相模湾大水槽やイルカのショーなど、海の仲間が待っている!「新江ノ島水族館」

ブロードバンドサービスも取扱中、信頼の地元プロバイダー「藤沢産業センター」

 

 

april 2005 sightseeing section, economic affairs department, fujisawa city office