1. ホーム
  2. 藤沢アラカルト
  3. 今日のふじさわ

今日のふじさわ

散りゆく桜~奥津宮~
2018年4月 8日
 桜の木の向こうに見える小さな神社は江島神社奥津宮です。
タギリヒメノミコトを祀るこのお宮は、江戸時代まで本宮御旅所(おたびしょ)といわれて
いました。江の島岩屋付近は波が荒く、特に台風の時には「掃除波」といって岩屋の中の
全てのものを波がさらってしまうことがありました。そのため岩屋本宮に安置してある仏像
などは被害を避けるため、毎年4月~10月の間ここに移し流出を避けていました。

 天井には江戸時代の画家、酒井抱一による「八方睨みの亀」が描かれています。どこから
見てもこちらをにらんでいるように見えることからこの名がつけられました。天井をみると本当に
自分を睨んでいるようで思わず笑みがこぼれます。

 奥津宮周辺の桜も散り始め、これから新緑の季節を迎えようとしています。
長い歴史を見守り、幾年もの季節を乗り越えてきた御旅所は今日も静かで趣のある
たたずまいをみせています。


2018年4月 8日 08:45

最新記事一覧

カレンダー

2018年12月
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

アーカイブ