1. ホーム
  2. 観光情報
  3. イベント
  4. 年間イベント
  5. 江の島歌舞伎フォーラム
江の島歌舞伎フォーラム

第六回

江の島歌舞伎フォーラム
公演名
 第6回 江の島歌舞伎フォーラム公演

両日ともチケットは完売いたしました。ご購入ありがとうございました。
公演日・時間
  2013年3月2日(土)・3月3日(日)
 両日とも:12時開場、12時30分~午後4時頃まで
公演会場
 神奈川県立かながわ女性センター ホール
 藤沢市江の島1-11-1
プログラム
【第1部】
歌舞伎ワークショップ「助六のできるまで」
【第2部】
歌舞伎舞踊「助六」
【第3部】
朗読歌舞伎「仮名手本忠臣蔵~三段目 足利館松の間刃傷の場より」
【第4部】
歌舞伎「あんまと泥棒」

【歌舞伎トークショー】時間未定
歌舞伎役者中村獅童さんと歌舞伎コメンテーター鈴木治彦さんとの歌舞伎対談トークショー
※尚、中村獅童さんの歌舞伎舞台への出演はございません。
トークショーのみの出演となりますので予めご了承ください。
開運干支暦手拭

出演者
帆之亟・菊月 喜千寿・千川 貴楽・花柳 辰蔵・竹本 朝輝(太夫)・鶴澤 弥吉(三味線)
内容
【第1部:歌舞伎ワークショップ「助六のできるまで」(約30分)】
第一部では、滅多に見ることのできない助六が作られていく様子をご覧いただきます。伝統的な化粧や着付けなどわかりやすい解説付きで歌舞伎の裏側を知ることができます。

助六:花柳 辰蔵(はなやぎ たつぞう) 解説:千川 貴楽(せんかわ きらく)

【第2部:歌舞伎舞踊「助六」(約20分)】
歌舞伎舞踊「助六」は、歌舞伎十八番の「助六由縁江戸桜」の見どころを集約したのもです。
第二部では、 第一部で完成した助六が舞踊を披露します。 舞台は花の吉原。駒下駄の音を響かせながら舞う助六の、すっきりしとした華やかさが見どころです。

助六:花柳 辰蔵(はなやぎ たつぞう)

【第3部:朗読歌舞伎「仮名手本忠臣蔵~三段目 足利館松の間刃傷の場より」(約30分)】
朗読歌舞伎では、役者がセリフのみで歌舞伎を演じます。派手な演出をそぎ落とし、歌舞伎の最大の魅力である義太夫とせりふ回しだけで表現することで、ひとりひとりの想像力に訴えかける、まったく新しい歌舞伎の味わい方です。せりふにスポットを当てることで、今まで聞き逃していた節回しの味わいや言葉の奥行きに気付くことができます。

桃井若狭之助:帆之亟(はんのじょう) 塩谷判官:千川 貴楽(せんかわ きらく)
高師直:菊月 喜千寿(きくづき きちじゅ)

【第4部:歌舞伎「あんまと泥棒」(約50分)】
「あんまと泥棒」は、昭和二十六年にNHKで放送され、その後昭和四十一年に歌舞伎として上演された世話物の名作です。あんまと泥棒が掛け合う滑稽なやりとりと、予想を裏切る結末が見どころとなっています。

あんま 秀の市:帆之亟(はんのじょう) 泥棒 権太郎:千川 貴楽(せんかわ きらく)
チケット料金
両日ともチケットは完売いたしました。ご購入ありがとうございました。

一般 3,500円 高校生以下 1,500円
※全席指定/パフレットを含む
※前売り開始 1月23日(水)
チケット取扱い
〇ローソンチケット
 ・ローソン内の端末機Loppiで販売(Lコード 34602)
 ・TEL:0570-084-003(24時間電話予約)

〇藤沢市観光センター(8:30~17:00)
 ※小田急片瀬江ノ島駅下車 徒歩1分

〇藤沢市藤沢駅前観光案内所(10:00~19:30)
 ※JR・小田急・江ノ電各藤沢駅下車 徒歩1分

〇湘南モノレール大船駅(改札が開いている時間のみ対応)
 ※鎌倉市大船 大船駅
お問合せ
藤沢市観光センター TEL:0466-22-4141(8:30~17:00)
主催・共催・後援

主催:江の島歌舞伎推進実行委員会
共催:神奈川県立かながわ女性センター/江の島振興連絡協議会/(公社)藤沢市観光協会
後援:藤沢市/藤沢市教育委員会/藤沢商工会議所/(公社)藤沢市商店会連合会

江の島歌舞伎フォーラム
このページの先頭へ